〒669-3601 丹波市氷上町成松140-7

そばの香りを最大限に生かす品種と製法の手打ちそば

丹波そば処 そばんち

のどかな田園風景が眼前に広がるそば処は、「丹波そば処 そばんち」。広い日本家屋でいただく、こだわりの手打ちそばを求めて、連日お客さんが絶えません。師匠から譲り受けた技にオリジナルのセンスや工夫を加味し、築き上げた蕎麦道を聞きました。

常識にとらわれないオリジナル製法

主役のそばは、三種類の粉を石臼で自家製粉しています。そば粉によって異なる“香り”をいかに引き出すかという点を追及していると、店主宮内秀勝さんは言います。「そばは、噛んだときに粗挽きの部分がふわっと香ります。それが醍醐味だと考えています」。十割そばに使う粉は福井県の丸岡在来種。小粒で青っぽい風味が引き立つ、香り高い玄蕎麦を仕入れています。

そば打ちは、職人仕事。師匠の技を見て学んだその後は、試行錯誤。そして、一番難しく、一番重要な水回しの工程で、宮内さんは独特な製法を編み出しました。「いかにダメージを与えずに麺にするかを考えています」。すべては、そばの香りをつぶさないために。

香り高いそばと花のような薬味の彩りに魅せられる

人気メニューのひとつ、「三色辛味大根蕎麦」(単品900円税込)には、三色の大根おろしが添えられています。どれも色を添加したのではなく、自然の色味、自家栽培している辛味大根です。緑色の辛味大根、紫色の辛味大根、そして後者にすだちをかけるとピンク色に。別名“あじさい蕎麦”とも。

手前)そばがき、右奥)そばアイス (各500円税込)

そば好きなら外せない「そばがき」は、ちょっと珍しい粗挽きタイプ。そばの香りが高く、穀物っぽい食感に、山の芋が入っているかのようなネバリがくせになります。

そばアイスは、炒ったそば粉とそばの実を使った自家製。香ばしさがまるでほうじ茶のよう。

みんながくつろげる、楽しめる空間や機会をもつくる

店の前には、家もビルもない視界の開けた、悠然とした田園風景が広がります。「あるようでない、この最高の風景が気に入っています」と宮内さん。お店に入る前、出てきた時、こののどかな景色に思わず足をとめてシャッターを切るお客さんも見かけました。

宮内さんは、「イチからつくれるものをやりたい」と、そばの道に入り、最近はそば栽培にも取り組んでいます。「お店で出せるほどの量ではないので、もっぱら観賞用ですね(笑)。いつか米も育てたいと思ってるんです」。

例年春におこなわれる、奥丹波のそば屋をめぐるイベント「奥丹波そば街道」の事務局をつとめたり、2階のギャラリーで奥丹波の作家作品を展示するなど、地域が盛り上がる機会もつくっています。

ペット同伴OKのテラス席があったり、子ども連れもOKなので、家族みんなで訪れ、ゆるりと過ごすことができる場所です。

 

<注意事項>

  • 新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、店内でのマスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス等に配慮しています。ご協力をお願いいたします。
  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。