〒669-3601 丹波市氷上町成松140-7

和食ひとすじ職人の腕と人柄で、地域に愛されて40年

寿司 光

1981年(昭和56)に開業した「寿司 光」は、2020年(令和2)で創業40年。和食一筋の職人、土井光朗(みつあき)さんが腕一本で切り盛りしてきたお店です。普段の食事や飲みはもちろん、冠婚葬祭の仕出しや会食にも利用される和食店です。

故郷に戻って独立し40周年

1階の8畳の座敷

大将の土井さんは、高校卒業後、大阪で2年、丹波市柏原町の料亭「三友楼」で5年の板前修業を経て、生まれ故郷である山南町へ戻り独立しました。

店は、国道175号・井原交差点を西へ1㎞ほど行った県道86号沿いにあります。

店は1階と2階。1階の入り口近くに、カウンター席と座敷席、奥に個室の座敷席があります。2階は座敷が三間あり、ファミリーや宴会、法事の後の会食など、冠婚葬祭でも利用されています。

料亭仕込みの本格和食を堪能

左奥から時計回りに、ばってら(2貫440円)、大貝の酒蒸し(880円)、子持ち鮎の塩焼き(660円)

名物は「ばってら」です。福井や明石などから、そのときどきの良質な鯖を仕入れ、片身を使って作ります。しめ鯖のしめ具合がほどよく、鯖のボリュームとシャリのバランスも絶妙で、名物といわれるのも納得。持ち帰り用(1,540円)もあって、こちらも人気です。

寿司のシャリに使う米は、丹波産コシヒカリ。ネタは、近隣の西脇はもちろん、姫路、神戸などからも仕入れます。

また、「大貝の酒蒸し」も、この地域では、なかなか食べられる店が少ない一品料理です。栗、銀杏、枝豆などの野菜は、契約農家から直接仕入れて使っています。

鮎は夏が旬と思いがちですが、秋の子持ち鮎は夏の若鮎とは違った風味があります。腹子の独特の食感、身の締まりや甘みに熟成した旨みが加わります。「子持ち鮎の塩焼き」も絶品です。

地元産品をおいしくいただく

左上から時計回りに、松茸の土瓶蒸し(880円)、丹波黒枝豆(440円)、栗せんべい(550円)、煎り銀杏(550円)

年間を通しておいしいものが多い丹波ですが、芋栗南瓜そして黒大豆枝豆、松茸が出そろう秋が一番おすすめ。丹波産品は、シンプルな料理が特に素材のよさを引き立てます。秋になると、丹波市外からもお客さんが訪れます。「今年も丹波に来て、この店があったからよかった」とお客さんからいわれると、土井さんもうれしくなって、もうひと頑張りしようと思うそうです。

おいしい酒と料理を楽しむ

メニューも豊富

豊富なメニューも魅力です。寿司は、にぎりや巻き寿司はもちろん、穴子や海老の押し寿司、細巻きもラインナップします。

このほかにも、おまかせの会席料理があります(3,850円~)。

地酒もいつも2~3種類がスタンバイ

丹波の地酒、奥丹波と鳳鳴を含め、約20種類の銘柄の日本酒や焼酎をそろえています。

大将とのおしゃべりもクセになる

大将の土井光朗さん

土井さんとのおしゃべりを楽しみに、毎晩のようにカウンターに座る常連さんもいます。「親子3代で来てくれるお客さんもおるんやで。地元密着やけど、市外からのお客さんも大歓迎。今65歳やから、あと4~5年、70歳まで店を続けられたらいいな~」と話す土井さん。腕も口も舌も、まだまだ衰えそうにありません。

※表示価格は全て税込

 

<注意事項>

  • 新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、店内でのマスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス等に配慮しています。ご協力をお願いいたします。
  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。