〒669-3601 丹波市氷上町成松140-7

石臼で自家製粉するなめらかな蕎麦に、オリジナリティを加える

丹波の蕎麦処たかはし

舞鶴若狭自動車道・春日ICから水分かれ街道・国道175号を西へ進み、JR福知山線・黒井駅を過ぎたあたりを南に入った住宅地区の一角に、「丹波の蕎麦処たかはし」はあります。2012年にオープンして以来、多くの蕎麦ファンを魅了する名店を訪ねました。

地元農家の野菜パウダー等を練り込んだ「変わり蕎麦」が名物

蕎麦は、契約農家から玄蕎麦を仕入れ、石臼で自家製粉して「おいしい細目に仕上げています」と、店主の高橋扶美雄さん。十割蕎麦も、のど越しよくいただけます。

人気の「三色そば」1,200円(税込)は、十割蕎麦・変わり蕎麦・二八蕎麦がセットになったもの。変わり蕎麦は、更科蕎麦に柚子や桜、抹茶、しょうが、小松菜、紅芋などが練り込まれています。季節によって、あるいはその日の店主の気分で、何が出てくるかはお楽しみ。

野菜入り変わり蕎麦は丹波の有機農家がつくる野菜パウダーを使って仕上げます。素材の風味が生きていて、香りよく見目麗しい。思っている以上に量もしっかりあって、おなかも満たされます。

細目の麺によく絡む甘めの返しには、古来の方法で製造される、生産量日本一の鹿児島県枕崎産の鰹節を多めに使います。「荒節のまま仕入れて、自分で削ってるよ」というこだわりっぷり。宗田節と半々でつくる温かい「かけそば」のおつゆも、鰹がきいていて、ほっこり癒されます。この鰹出汁でつくる大きな「だし巻きたまご」300円(税込)も人気。

蕎麦打ちだけじゃなく蕎麦栽培も

長野県出身の高橋さんが、黒井城跡を望むこの場所に蕎麦処を構えたのは、2012年。長らく大阪の会社に勤務し、退職後蕎麦打ちをはじめました。長野に帰省のたび、日本三大蕎麦のひとつ、戸隠蕎麦を幾度となく味わってきた蕎麦熱が退職後、「顕在化してきたんです」。蕎麦打ち教室に通い、3カ月後には自ら教室を始め、気づけば毎週開催するほどに。やがて自店を持つことを志します。

大阪、奈良、京都などさまざまな場所を見て回り、蕎麦仲間もいて広さなど条件の合ったここ丹波に決めました。

蕎麦打ちに加え、販売用の玄蕎麦栽培もおこなっています。「蕎麦は、育てる条件が難しい作物です。台風や大雨の影響も受けやすい。地域のなかでも育てる畑が違ったら、味は変わってきます。そういう不安定さもおもしろいなぁと思っています。今年はきれいな蕎麦の花が咲いたので、結構量も採れるんじゃないかな」と、期待を寄せます。

忙しい日々の向こうにある静かな夢

娘さんやアルバイトの方がお手伝いしてくれるとはいえ、1人で粉を引き、蕎麦を打ち、店に立つ日々。理想として「てんぷらとかもやりたいけどねぇ」。14時にお店が終わったあと、山の向こうにある田んぼに向かい、蕎麦の手入れをします。「そしていつか、自分の店でも出せるくらいの量の玄蕎麦を栽培したい」と、静かに熱く語りました。

少し入り組んだ場所にありながら、最近は遠方からわざわざ訪れるお客さんも多いのだとか。「本当にありがたいことです。お客さまの『うまい』のお声がけを糧に日々研鑽の毎日です」と、高橋さんは目を細めます。

週末や連休時には早めに蕎麦がなくなることもあるので、11時のオープン入りを目指したいですね。

 

<注意事項>

  • 新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、店内でのマスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス等に配慮しています。ご協力をお願いいたします。
  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。